Now Loading ...

おむすびっ記

①インド珍道中 ドタバタ出発編

2017.08.30
OMUSUBI旅/trip

【インド珍道中① 搭乗まで編 (facebook過去記事より転載) 】

 

出発前夜の深夜までパッツパツの無謀なスケジュールをこなし、そのまま走り転げるようにインド行きの飛行機に搭乗するというスタートでした。

バタバタを羅列してはじまります!

 

 →出発前日、おむすびケータリング、、からの汐留のイベントで司会という荒波を乗り越え、

  イベント後次の宴席を終えて帰宅(深夜1時ごろ)まさか前日にビザ用の写真加工

 (5センチ5センチの顔写真写真用紙で作るのだけど、これ結構難しい。プリンターの不具合もあって、まあ奮闘)

 

 

→そういえば、ネットで飛行機のチケット取ったんだけど、何を持っていけばいいんだ!?

 エアインディアのマイページログインしようとするがIDにたどり着けず?(結局予約確認書だけ握りしめることに)

 

 

→赤べこTシャツも持って行こー!と、帰ってきてすぐ洗濯。

 朝方触ると、乾くまであと一息!よし、最後は乾燥機でちょっと乾かせばカンペキ!

 と思って、乾燥してるつもりが、

 

・・もう一回最初から洗濯していた( ꒪⌓꒪)

 

 

→過去旅の紙幣箱からインドのお金を探す。なんてこった!

 今回5回目のインドなのに、もうどんなお札か忘れてる。

 (ルピーの国他にもあった!ググってガンジーだったことを思い出す。)

 おまけに、ざっくりとした為替レートすら忘れてる。

 100ルピーっていくらぐらいだっけ?

 ここにあるお金が一時をしのげる額なのかわからない。

 現地でのお金はクレジットカードあればよいよね?

 あ、でもともかく文明に頼りすぎるといかん!と諭吉を握りしめる

 

 

→限られた時間で荷物のパッキング。

 もう久々の旅すぎて、何を持って行ったらいいか、旅人の感覚がなくなっていた。 

 開けた引き出しにはいっていて、役にたちそうなものを詰め込む。

 多分いらんものたくさん詰め込んで、必要なものが入っていないと思われる。

 

 

→おむすびできるシチェーションに巡りあえるかも、、と、米一升と山塩もパッキング!

 

 

→電車に飛び乗る。

 早めに着いて、クレジットカードの特典で入れるラウンジで優雅に過ごしてから搭乗しようと思っていたのに、

 ・・結局ギリギリの到着予定

 

 

→そうだ、デリーで13時間しか乗り換えまでの時間がないのだけど、パハルガンジ(旅人の安宿街)に行くことにしたんだった!

 だけど宿とってなかった!と、ググると、この街にも、西洋風なバックパッカーの宿ができたもよう。

 いつもの牢獄のような部屋で異国情緒感じたかったけど、今回は新しいスタイルの体験と安心をとることにした。

 

 とにかく、これでひとまず安心!

 

 

→・・こんなことやってたら、携帯の充電がなくなった。

 パソコンから充電をとろーと思ったら、まさかの充電15パーセント!!( ꒪⌓꒪)

 エアインディア、第1ターミナルと思い込んでいたのだけど、直前にハッと不安になった。

 ググろうにもググれない、、

 左をチラ見すると、おにーさんがスマホをいじってる!(右は寝てる)

 てなわけで、おにーさんにおねだりしたら、めっちゃ機敏に違うスマホ取り出して調べてくれて、ギリギリ間に合った!!

 エアインディアは第2ターミナルだった(あぶねー!おにーさん大感謝っす!)

 

 

→カウンターに出した予約確認書は持って行ったもので大丈夫そうでホッとした。

 、、が、ビザのことでかなり手間取る。

 なんやら「GrantedというVISAがとれたよ」という書類が欲しいとのこと。

 なんだその書類?!そんな類の画面をたまたまスクショしていた&パソコンの充電が8パーセント残っていたので、

 パソコンか らその画面を見せることができて、手続きに進んでもらえた。

 

 ・・・が、今度は例のパスポート番号間違えた申請書であることが騒然とさせた。

 (まさかのね、パスポート番号間違えたまま申請しちゃって、受理されちゃって・・

  問い合わせたら、should be okayっていうので、半信半疑でトライ  となったいきさつ!)

 

 このことをインド人の友人ボビーさんに話したとき

 「そのやりとりしたメール(should be okのやつ)」をプリントアウトして持っていったほうがいいよ。」

 といってくれていたのだけど、早速日本で役に立った!

   それを見たおねーさんは「え?!あらホントですね!」って(笑)

  ・・でまた上司らしきと相談してあーだこーだの末に搭乗することができた。

 (以前はこんな類のシチェーションだと、「乗れません」ってことになるらしい、あぶねーっ!)

 

 まあ、あとは保険的な手段として、アライバルビザという手もあるとのこと。

   アライバルビザ=eVISAだと思ってた! よし、安心材料増えた!

 カウンターのおねーさんも「もし、eVISA取れなかったら、、」と何度も言っていたので、

 やっぱりおねーさんもコレ、ヤバイと思ってるんだろうなぁ(笑)

 

 

→そうそう、空港で気づいた。

 シャンプーリンス、日焼け止めは、日本でゲットしなきゃいけないもんだったってことを!

 ひとまず荷物預けたあとにゆっくり買おうと思ったのだけど、

   それはもう完全に諦めなきゃいけないことだと気づく。→手荷物に液体持ち込めなかったかーー!!

 

 

→そんなこんなでギリギリ搭乗に間に合ってまさにいざ出発!!というときに

 お客さまから問題発生の連絡( ꒪⌓꒪)

 と、同時に充電が切れる。。

 後ろ髪ひかれる気持ちで旅がスタート!(それから間も無く離陸前に寝落ち、、日本離れる旅情に浸りたかったのに!)

 

 

→目が覚めると、ん?

 すごい、高速バスについてるのみたいなUSB用の充電コンセント発見!!(ラッキー!)

 電源きれままま、充電の術も失って、インドの宿までどうやってたどり着こうかと思っていたのだけど、まじ助かった!!

 

 

→さて、映画でもみようか。

 唯一の理解できる映画=日本の映画は「湯を沸かすほどの熱い愛」という、ちょっとインパクトの題名とジャケ。

 ノーチョイスだったので選びましたが、そうでもなかったら見ることはなかったと思う。

 

 ・・コメディタッチな話かと思っていたのだけどこれまた、かなり泣ける映画!!

 

 もうダダ泣き・・・ダダ泣きすぎて、隣のインド人はひいていたと思われる。

 ティッシュを探そうとバッグを探るも、ウェットティッシュしかない悲劇。。。

 

この映画に感化されたものとともに、インド旅が始まることとなりました!

なにか、この旅に必要なエッセンスな気もしてる。

 

さて、

これを書き終わろうとしてる今、

もうすぐ到着のアナウンス。

 

 

ふはー、思えば

初めてインドを訪問したのは12年前!

前回の訪問(4度目)は8年前..

この8年、あたいも変わったからインドも変わったんだろうな。

 

なんだか気分は懐かしいひとに会いに行く気分だ。

 

さて、行ってきます!

 

 

トップへ