Now Loading ...

おむすびっ記

「むすぶ」想いのつながり〜20年前の新聞記事から〜

2017.11.15
やまだズのこと/about yamadazu

先日、河北新報の記者さんから

 

「会津の中でも特に美味しいお米の産地はどこですか?

 

そして、美味しいお米作ってる農家さん紹介していただけませんか?」

と連絡をいただいた。

 

「それは、湯川・坂下・塩川あたりになりますね。

そして、まさにうちは塩川なのですが、うちの父はいかがですか?」(笑)と。

 

父に連絡すると、

 

「ああ、そういえば10年ぐらい前かなぁ、、

 

以前河北新報さんが1日みっちりうちに取材にこられたことがあったなぁ」と。

 

それを話すと、

 

その記者さんがなんとその時の記事を探して送ってくださった!!

 

そしてそれは10年前ではなく、20年前のものだった!!!(笑)

 

そのタイトルが「結び合い」とあって、

なんだか感動した。

 

 

「むすぶ」ことを大切に思う想い。

 

 

これは、血によって脈々と受けつがれたものなのかと。。

 

この時父は49歳。

 

そして、この時の母は今のわたしの歳に毛が生えたぐらいの歳だったんだなぁ、、と思うといろいろ感慨深い。

 

しかし、この記事の3年前。

あの農業法人を立ち上げることになり、

 

その社名をどうするかという家族会議の末

 

朝起きたら、

「やまだズになったわよ」

 

と母から報告をうけたときの衝撃は未だ鮮明なものであります(笑)

 
 
 
 
トップへ